ウルグアイの国土は牧草地帯や農場が多くゆったりとした国

Beautifully Simple

Clean and modern theme with smooth and pixel perfect design

Learn more

Easy Customizable

Over a hundred theme options ready to make your website unique

Learn more

Contact Form Ready

Built-In Contact Page with Google Maps is a standard for this theme

Learn more

ウルグアイの国土は穀倉地帯や農場が多い国

広い南米大陸にあってスリナムの次に小さな面積を持つのがウルグアイです。

この国は広大なアマゾンを抱えるブラジルと、広いパンパをもつアルゼンチンに挟まれた小国ですが、古くから安定した経済を持ち、南米における経済水準はチリの次に安定しているところが特徴です。

小さな面積のこの国は人口も300万人程度でそのほとんどが首都モンテビデオに集中しています。

国土の多くは牧草地帯や農場となっており、ゆったりとした暮らしぶりをしている国です。

この国は南米のパリとも言われる美しい建物や文化遺産が特徴になっています。

歴史的にはスペインに支配された過去があり、その当時に建設された建物の様式を今に残し、スペイン風の文化に南米ならではの独特の雰囲気がミックスされ、コロニアル様式として現在に残っています。

このコロニアル様式の乳白色の美しい建物は世界遺産にも指定され、現在でも多くの観光客で賑わっています。

国土を大きく横切っているのはラプラタ川という大きな川で肥沃な土地を作っているこの国の母なる川です。

このラプラタ川が注ぎ込んでいる海は南米有数のリゾート地として北米やヨーロッパからも休暇に訪れる方が多いのが特徴です。

ウルグアイは第一次世界大戦時から牛肉の缶詰の輸出で経済的成長を遂げ、その影響から長く南米の経済や文化を牽引してきました。

そのため教育水準も高く、南米の中では最も文盲率の低い国となっています。

またこの国の国民が心を熱くするものとはサッカーとマテ茶です。

サッカーは記念すべきワールドカップ第一回目の開催国であり、優勝国でもあるという古豪です。

その後もブラジル大会でブラジルを破り優勝したこともあり、全部で2回のチャンピョンに輝いた実績があるサッカー大国でもあります。

若い世代のサッカー選手の育成にも力を注いでおり、フォルランやスアレス、レコバなど優秀なストライカーを世界中のリーグに送り出しているのです。

今やスアレスは世界のトップチームバルセロナで活躍しており、フォルランはスペインの名門アトレチコマドリーからセリエAのインテル、ブラジルのインテルナシオナルなど名門を渡り歩き、今では日本のJリーグでその勇姿を見せてくれています。

ウルグアイ人が好む飲み物マテ茶とは、マテの茶葉からとられる健康茶です。

マテ壺と呼ばれる壺にたっぷりの茶葉をいれ金属製のストローで飲むのがウルグアイ流で、このマテ壺を片手に持っていればウルグアイ人と見分けられるというジョークもあるほどです。

マテ茶はミネラル豊富で飲むサラダと言われ、牛肉などの肉食中心のこの国の方々の健康を支えています。